労働相談キャンペーンを実施しました!

連合は、6月11日・12日に「女性のための全国一斉労働相談」を行いました。 これを受け、連合近畿ブロックでは、6月8日から12日まで、「許すな!ブラック企業 つくろう!労働組合〜働く女性の労働相談キャンペーン〜」のタイトルで、労働相談キャンペーンを実施しました。 大阪では、労働相談は42件、一般相談では5件の合計47件の相談があり、相談内容は、「上司のセクハラがあり、身体を触ってくるなど精神的なダ メージを受けている」や「年次有給休暇について、今まで年休の存在を知らなかった。他の職員が年休を申請して休んでも給料は引かれていた」「介護施設の正 社員で、身体がしんどい。責任者にパートで働きたいというと、数日後、パートで働いてくれと言われた。しかし、条件は何も聞いていない。朝から行くと、午 後からと言われて困っている」など。今回は、女性からの相談が半数以上あり、パワハラ・嫌がらせの相談が一番多くありました。 引き続き、連合大阪は、なんでも労働相談を行っています。一人で悩まず、ぜひ、ご相談ください。また、弁護士相談も毎週水曜日に行っているので(事前の予約は必要)、ぜひ、相談してください。 連合大阪・非正規労働センターの労働相談 相談ダイヤル: ※弁護士へのご相談は事前予約が必要です。 下記番号にお電話ください。 お問い合わせ:連合大阪 非正規労働センター (06−6949−1105)